TOPBUZZの著作権違反と健全化のジレンマ

注意 2017年12月30日追記
状況が大きく変わった。TOPBUZZ側のシステム整備が完了し、現在は動画の審査が非常に厳しくなった。
現在は転載動画よりもオリジナル映像は運営・ユーザーともに非常に高く評価する傾向にあり、
TOPBUZZでユーチューバー的な活動をしたい人は現在が参入するのに最もいい時期だ。

大山はTOPBUZZの広告を常時チェックしている。

広告を見ているとTOPBUZZが集めたい客や、運営のスタンスが見え隠れしてくるのだ。

2017年11月末には、エロ広告は一瞬鳴りを潜めたが、代わりに著作権を無視した衝撃映像系の広告を使用し始めた。

TOPBUZZ 広告

こちらの広告に使用されている画像はもちろんTOPBUZZが撮ってきた写真ではない。

誰かがTOPBUZZにアップした動画のキャプチャーに煽るような文言をつけているだけだ。

もっとも、このアップされた動画自体YouTubeから勝手に転載されたものだろう。

そして重要なのは、TOPBUZZはアップされた動画のほとんどが転載された映像であるという事実について明らかに気づいているが、「黙認している」という点だ。

TOPBUZZと著作権違反は切っても切れない関係にある。

今回はTOPBUZZと著作権について書く。

TOPBUZZが求める「クリエーター像」とは

大山がTOPBUZZでの稼ぎ方についてブログを書こうと思ったのは、意外とTOPBUZZが真面目にメディア媒体を作っていこうとしているからだ。

大山がTOPBUZZにクリエーター登録をしたのは2017年の10月だ。

自分の運営するYouTubeチャンネルにリクルートのメールがあったのがきっかけだ。

YouTubeチャンネルに届いたリクルートメール。例によって違和感しかないが…

TOPBUZZに登録して、大山は何をしたかというとTOPBUZZ用にネタを考えてちゃんと動画を作った。

大山がアップした動画

動画内で使用している素材に関する著作権はオールクリーンである
※タランチュラの素材には2,600円もかかっている!(泣)

しかし、残念ながらTOPBUZZが求めているのはこんな“完成度の高い動画”では無かったのだ。

事実1日かけて作った動画にも関わらず、露出もロクになく20回再生されて終わった。(報酬は2.2円)

著作権的にクリーンで楽しい動画であれば末永く評価してくれるだろう…という願望をTOPBUZZに押し付けてはいけない。

現状のTOPBUZZのアルゴリズムは、アップされた1本1本の動画に資産的価値を見出していない。

YouTubeでは数年後にいきなり再生回数が増えたりすることが普通に起こりうるが、TOPBUZZは一定期間経った動画は盛大に放置される。

ガンガン動画を「消費」していくメディアなのだ。

そのため、毎日バズりそうな映像を10~100本ペースで動画をアップしていくことができなければ、報酬を稼ぐことはできない。

そんなことができる超人クリエーターは、この世にはいない。

1週間かけて超絶面白い動画を1本作る人を評価するシステムがTOPBUZZには無いので、必然的にユーザーがアップする動画は「転載」となっていく。

残念ながら、現時点(2017年冬)でTOPBUZZが求めるクリエーターというのは、面白い映像をバンバン転載してくれる人だ。

TOPBUZZのクリエーターに対するホンネは、

運営さん
金払うから動画をバンバン転載してTOPBUZZのコンテンツを賑やかにしてよ

というのが正直なところなのだ。

現在は消失しているが「映画」というとんでもないカテゴリもあった(もちろん映画の名シーンが山ほど違法にアップされていた)。

なぜTOPBUZZが金を払って他人に動画を転載させているのかといえば、会社として著作権侵害のリスクを背負いたくないからである。

もちろんTOPBUZZにはYouTubeチャンネルのインポート機能がついているので、言ってしまえば自社でYouTubeのチャンネルを勝手にバンバンインポートしてしまえばいい話だ。

しかし、訴訟リスクがあるため会社としてそれはできないのである。

不特定多数の人間にクリエーターというミノを着せて、お金と引き換えに違法転載させているのだ。

TOPBUZZ上に違法動画がアップされたとしても、それはクリエーターが勝手にやったことなので関知しておりません、というわけだ。

もしあなたがTOPBUZZのユーザー層に魅力を感じて、TOPBUZZで真面目にオリジナル動画を配信していくクリエーターならば、もう少し参入は待ったほうがいい。

今後間違いなく糞コンテンツとユーザーが淘汰される動きになるので、クリーンになったあとに参入するのがおすすめだ。

もしあなたが、何でもいいから1日1時間の労働で月30万円稼げるというだけでTOPBUZZに参入するのなら、今すぐクリエーター登録すべきだ。

しかし、TOPBUZZと著作権違反は切っても切れないため、儲けたいのであれば大きな訴訟リスクを抱えることになるのはご理解いただきたい。

それはTOPBUZZの運営会社も同じだし、クリエーターも同じだ。

著作権クリーンでTOPBUZZで儲けることは、かなり難しいだろう。

今後予想されるTOPBUZZの動き

大山はTOPBUZZの動きを日々観察して、いつトンズラするのだろうかと嘲笑していた。

しかし、意外にも運営サイドにはTOPBUZZを健全化しようという努力が垣間見える。

著作権違反のジレンマに悩みながらも、メディア媒体として日本に定着させようという意気込みが感じられるのだ。

それは日々広告を見ていて真面目にA/Bテスト(色んなパターンの広告を出稿して効率的に集客する手法)を繰り返していたり、つたない日本語でもメールでのサポートがしっかりしていたり、違反ユーザーに対する罰則を強化したりしていて好感を持ったからだ。

大山がブログを立ち上げたのも、この動きから、ある程度日本でTOPBUZZが認知される可能性があると判断したからだ。

今後、TOPBUZZがクリーン化&健全化されるにあたって、ユーザーの評価指標がYouTubeと同様に合わされてくるように感じる。

現在では独自アルゴリズムによる露出だけだが、今後はそれぞれの動画の再生時間や離脱率、クリック率、フォロワー数などで露出回数や再生単価が決定されていくように思う。

2018年以降は多少、クリエーターの才能や努力が報われるようになってくると信じたい。

底辺君
著作権的にクリーンな映像を求めて、早速近所の中学校の体育祭で女子中学生を撮ってくるでござる!

目の付け所はかなり良いが、普通に捕まるのでやめておいたほうがいいだろう。

9 件のコメント

  • こんにちは、今回コメントさせて頂きます。実は現在buzzvideoに投稿している者です。ここ6日再生回数と収益がおかしいです。毎日だいたい5000から10000回ほど再生回数が有りますが1週間前は0.2円ほどで10000回だと2000円位になってましたがここ6日は計算すると0.001円にも満たない収益です。特にいやらしい動画とか下品な動画は上げてません、ビートザqが無くなった頃から怪しいです。収益upはもう無いかと思い新たにidを取得して始めましたがこちらも一再生辺り0.0024円です。2ヶ月半で約20万程の収益があったのでこの仕打ちは我慢できませんアドバイスがあれば宜しくお願い致します。

    • 荒田さま

      はじめまして。大山です。
      単価ダウンということで大変ショックでしたね…。
      心中ご察しいたします。
      まずは気を取り直していただければ幸いです。

      単価ダウンは変更になった再生単価で大まかに原因が分かります。
      0.024円→転載が多いと自動判定された
      0.004円→縦動画

      0.024円は転載という比較的分かりやすい原因なのですが
      それ以下は運営サイドから「それで稼ぐのはやめてくれ」
      言われているに等しいということなので
      プレイスタイルを変更する必要があります。

      アカウントを拝見していないので原因を明確に判定できませんが
      多い例だと縦動画での投稿、BuzzVideoアプリからのカメラ投稿、
      BuzzVideoアプリからの転載動画投稿あたりです。

      解決策としては
      「デジカメを使って撮ったものをPCから投稿」が一番手軽です。
      ※これでも日に10,000再生は十分可能です

      テレビやドラレコなどの転載動画はバズった場合に
      「これは明らかにこの人が作ったものじゃないだろう」と思われた場合に
      目視で単価を下げられますので避けたほうが無難です。

      どうぞよろしくお願い申し上げます。

      • 大山さまコメントありがとうございます。やはり毎日最低でも4000〜5000再生回数有ります。しかし収益が20円〜30円程度ですこのIDではもうダメかと思い新しIDを立ち上げましたが露出回数も少なく自分のyoutube から自動同期でひっぱって来ましたが露出回数が少ないせいか?再生回数も少ないです。現時点で新IDの単価が一再生で0.029位です。涙が出て来ます、でもyoutubeもチャンネル登録者数が230人1000人満たなくて事実上BANみたいなのでもうしばらくbuzzvideoで頑張りたいと思います。今回はご返信頂きありがとうございました
        また何かありましたらコメントさせて頂きます。

        • 荒田さま

          大山です。
          ご返事をいただき誠にありがとうございます。
          BuzzVideoはYouTubeがハードルが高いと感じる方も稼げますが
          やはりBuzzVideo用に内容を特化していく必要はあると思います。

          どうぞよろしくお願い申し上げます。

  • 大山様

    いつも大変お世話になっております。

    ・今、単価が下げられて新しく0.2円のアカウントを作るといった作業をしております。
    そこで複数アカウントを持つ事は運営サイドも認めているところですが実際アカウントを持ちすぎるのもどうなのかと思っています。アカウントの持ちすぎで出金の際連鎖的に全てブロックされた、といった事例等ありますでしょうか。

    ・タイトルをつける際、運営に好まれるタイトル、好まれないタイトルとありますが、なんとなく好まれないタイトルはつかんできたと思っています。逆に好まれて展示回数が上がりやすいタイトルやワード等ありますでしょうか?

    宜しくお願い致します。

    • 石井さま

      大山です。
      コメントをいただき誠にありがとうございます。

      ・複数アカウント
      サポートの返信は
      「今の所は複数のアカウントを保有する事に問題はありません」で
      2017年から一貫しておりますが、「今の所」というのがミソです。

      PayPal決済連動などのシステム紐付けの件もあり、
      長期的には複数アカウントの所持はリスクになると考えています。
      ※現在はアカウントの消去も可能です

      大山の個人的な見解ですが10個程度なら何も問題ないと思います。
      運営に問題視されるのは1,000〜10,000のレベルです。

      その大量のアカウントに機械的に生成した動画を
      大量に投稿しているユーザーは現在はおそらく瞬時に弾かれます。
      そういう超絶悪質な場合はBANされると思いますが
      普通にやるぶんにはそこまで重要視しなくても良いです。

      運営に好まれるタイトルですが、
      動画に登場する単語(キーワード)がきちんと入っていると評価が高いです。
      例)大工さんの映像→宮大工に代々受け継がれる職人技「木組み」が凄すぎて感動した

      どうぞよろしくお願い申し上げます。

      • 大山様

        いつも大変参考になります、ありがとうございます。

        今、私はアカウント20程持っているのですが、
        実際出金をする時全てのアカウントが紐付いて
        全て出金不可になる事態もあり得るのでしょうか?
        また、そういった事例をお持ちの方などこれまでいらっしゃったでしょうが?

        以上何卒よろしくお願い申し上げます。

        • 石井さま

          大山です。
          コメントをいただき誠にありがとうございます。

          大山にご報告いただいた限りですと
          そのような例はありませんが、
          現在はPaypalのシステムと完全に紐ついているのでやろうと思えばできると思います。

          長期的に見ると収益申請をするアカウントは
          絞っていったほうがいいかなと思っております。
          ※個人的な見解です

          どうぞよろしくお願い申し上げます。

  • 大山様

    ご意見を聞きたくコメントさせていただきました。
    引出し申請するまでペナルティも何もなかったアカウントを4つ引出し申請したのですが申請を出して3日後に4つともアカウントを強制的にブロックされ収益がパーになりました。
    納得がいかないのですが原因は分かりますでしょうか?宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です