TOPBUZZのホーム画面の見方―動画クリック数と収益の意外な関係性

TOPBUZZ(PC版)のホーム画面にはこのような情報が表示されている。

左からフォロワー、露出回数、クリック数、収益と並んでいる。

この数字たちがいったい何を意味するのか分からない人のために、それぞれ解説していこう。

基本的にサポートチームのメール内容を基にしているが、大山の憶測も含まれていることをご了承いただきたい。

ホーム画面の各数値の解説

フォロワー

自分のアカウントをフォローしている人数だ。

アカウントのフォローは、動画の詳細画面から、アカウント名の隣にある「フォロー」というリンクをクリックすればフォローできる。

フォロワー数と動画の露出量の関係性は、現時点では不明だ。

サポートにはしつこく聞いているので、分かり次第追記する。

露出回数

TopBuzzアカウントで公開した動画が、ユーザーのスマートフォンで表示された回数(TOPBUZZサポートのメール表現ママ)。

クリック数

ユーザーがコンテンツをクリックした回数。

しかし、TOPBUZZのサポートでは、クリック数という指標ではなく閲覧量(ユーザーが当該コンテンツをクリックして閲覧した回数)と再生回数(動画あるいは動画を含むコンテンツの再生回数)
という指標を使っており、ホーム画面のクリック数が厳密に何を意味するか、具体的な回答はない。

動画の再生ボタンのクリックだけでなく、動画の詳細画面に移動する際のクリックなど、アクション全般がカウントされている可能性がある。

収益

アカウントの総収益が表示されている。

月額の収益はホーム画面の「収益」タブから閲覧可能。

TOPBUZZ 収益

収益の計算式は、
再生済み(5秒以上の有効再生回数)×0.05円
でざっくりと算出される。

動画の収益は、「再生済み」×0.05円という式で算出されている。

「再生済み」というのは、動画あるいは動画を含むコンテンツをクリックし、5秒以上再生された「有効再生回数」のことだ。

つまり、ホーム画面に表示されている「クリック数」と「収益」には特に関係性が無い。

100万クリックされても、5秒以上再生されなければ、0円なのだ。

TOPBUZZサポートチームによる各数値の解説※()内は大山の意見

最後にTOPBUZZのサポートチームが明かしてくれたステータス説明をシェアしよう。

バズった状態を「おすすめ済み」と定義している(?)など、アルゴリズムの裏側がチラ見できて興味深い。

露出量 TopBuzzアカウントで公開した内容がユーザーのスマートフォンで表示された回数
閲覧量 ユーザーが当該コンテンツをクリックして閲覧した回数(動画詳細ページへのジャンプも含む?)
再生回数 動画あるいは動画を含むコンテンツの再生回数(一瞬だけの再生も含む)
有効閲覧数 ユーザーが当該コンテンツを閲覧して5秒以上閲覧した回数(主にGIF)
有効再生回数 動画あるいは動画を含むコンテンツをクリックし、5秒以上再生された回数(主に動画)
おすすめ済 当該コンテンツが審査を終え、一定数のTopBuzzユーザーに配信されていること。(バズ状態?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です