TOPBUZZの本質がSNSであることを理解する重要性

大山です。

TOPBUZZでは、アダルトジャンルで審査チームと血みどろの戦いを繰り広げている人がいる横で、ケラケラ笑いながら大量のバズ動画を連発している人がいる。

彼らはTOPBUZZの本質を理解した上位1%のプレイヤー達だ。

彼らが投稿する動画には一つの特徴がある。

2chでスレッドを立てるような感覚で動画を投稿しているのだ。

ガッキーのサムネで話題を提起して、バズらせている好例。コメント欄はツッコミと自分語りで盛り上がっている。

大山の実例。TOPBUZZのメインユーザー層が懐かしいと思う映像でコミュニケーションを誘発してバズらせている。動画自体はただ看板を映しただけの映像。

動画内容はタイトルに関連して癒されたり笑える内容であればなんでもよく、コメント欄で楽しくコミュニケーションをしているうちにいいね!とシェア数がガンガン増えるのだ。

投稿者はお金がもらえて、ユーザーは自己承認欲求が満たされ、運営は長時間アプリを使ってくれるので色々嬉しい。

まさに投稿者・ユーザー・運営の「三方良し」のスタイルなのだ。

これは、TOPBUZZがSNSであるという本質を突いている。

TOPBUZZで安定して報酬を稼ぐユーザーは、TOPBUZZがただの動画アプリではなく、Instagramのような「SNS」であることを理解しているのだ。

TOPBUZZが目指しているのは「オッサン用Instagram」

TOPBUZZは2017年12月に入って「記事」と「アルバム」という、誰が使うのかわからない一見謎なシステムを搭載した。

この記事の投稿時は審査に通らなかったりエラーが出たりで使いものにならないのだが、この機能の実装から、TOPBUZZが目指す先がSNSであることがよくわかる。

TOPBUZZは本気でYouTubeとFacebookとInstagramの次に挙げられるようなSNSを作ろうとしているのだ。

立ち位置的には匿名でライトなコミュニケーションが取れるInstagramに近い。

オッサン用のInstagramみたいな感じだと思えば、見事に住み分けができている。

TOPBUZZは継続的にアプリを使ってもらって広告を押してもらったり、長時間使ってもらうのが目的だ(仮想通貨のマイニングをさせられている可能性は非常に高い)。

TOPBUZZを毎日起動したいと思うためには、動画だけがいっぱいあるだけではYouTubeに負ける。

TOPBUZZはSNS機能を拡充して、アプリに愛着を持ってもらうことを優先しているのだ。

ユーザーは何を求めてTOPBUZZを起動しているのか

TOPBUZZのメインユーザー層が“教養のない、いいトシこいたオッサンたち”であることは当サイトでは重ねて強調してきた。

そんな彼らが何を求めてTOPBUZZをわざわざ起動しているのかというと、“癒やし”“笑い”なのだ。

このうち最も反応される最高の癒やしである“アダルト”はTOPBUZZの方針で排除されている。

しかし、TOPBUZZが“癒やし”を与えている要素は動画だけではない。

実はTOPBUZZはコミュニケーションの比重が大きいのだ。

2chでもコミュニケーションは取れるが殺伐としすぎる。

Facebookは背伸びしたことしか書けない空気がある。

Instagramは俺カッコイイぜをアピールする空間。

だけどTOPBUZZではオッサンたちが「やってらんね〜」「めっちゃ興奮するわビンビン」と言っても全然大丈夫な空気が形成されている。

さらにそういうコメントに対して「いいね!」を押しあったり「アホだなお前ww」みたいな返信があるとなんか嬉しくなって癒される。

実はTOPBUZZはオッサン用のInstagramとして確固たる地位を築きつつあるのだ。

この部分を理解すると、あなたは2018年もTOPBUZZでスルスルと稼げるようになる。

では具体的にどうすればいいのか

TOPBUZZは「SNS」であり、オッサン用のInstagramとして確固たる地位を築き始めていることを書いた。

では、具体的に今後お金を稼いでいくためにはどうしたらいいのだろうか。

2chでスレッドを立てるような感覚で投稿する

動画投稿時に実はそれほど気負うことは無く、

「嫁のメシがくそまずいとき何ていえばいい?」
「ヤバいこれなついw」
「こんなクルマ欲しいわ〜」
という感じで投稿すればよい。

ただし、当サイトで口酸っぱく説明しているように、「教養のないいいトシこいたオッサン」が反応する話題であることが大前提だ。

大山がコピーライティングを勉強していたときに手に入れた「40代男性が反応する言葉」をいくつか掲載するので、この単語を交えた話題にするといいだろう。

40代男性が無条件で反応してしまう言葉
無能、脱落、成功、出世、疲労、無力感、メタボ、マンネリ、不安定、年棒制、即戦力、転職、女子高生、実力主義、破たん、行き詰る、実らない、頓挫、うつ、つぶれる、つまづく、コケる、転落、三日坊主、負ける、計画倒れ、困難、苦労、危機、重荷、試される、バイタリティ、大仕事、やりがい、重い、滅入る、やるせない、わびしい、惨め、合理化、立て直し、人員削減、肩たたき、どん底、裁き、訴訟、取締役、摘発、孤立、むなしい、放置、無関心、辛抱、忍耐、うなされる、参事、落日、身投げ、他界、冷笑、生き様、力の限界、リハビリ、立ち上がれない、軽蔑、失笑、あーやんなった。中年見習い、身の上話、定年離婚、身寄りなし、老人ホーム、くさい、無縁墓地、バカな負け犬のぼて腹、同伴出勤するキャバクラ嬢、ホームレス老人

コメントが来たらいいね!を押してやるくらいの気概は欲しい

また、TOPBUZZではコミュニケーションが占める比重が大きいので、通知でコメントが来たら返信してやったりいいね!を押してやるくらいの手間はかけたほうがいい。

投稿者馬鹿なんじゃないの?というコメントが来たら「サーセン…調子に乗りました」くらいのノリで返してやればいい。

大山的にはTOPBUZZでわざわざ吠える意味がわからないのだが、TOPBUZZにはそういう人が集まっているのだから、優しくしてあげると喜ばれる。

コメントを返信すると、それに対していいね!を押されたり、また返信があったりして、実は結構楽しいものだ。

結果的にフォローされるのでフォロワー数も増える。

TOPBUZZがSNSであることを理解する重要性まとめ
TOPBUZZはオッサン用Instagramとして地位を確立し始めている
・動画投稿機能はあくまでコミュニケーション機能の1つ程度に考えておく
・2chでスレを立てる感覚で投稿するとコミュニケーションが生まれてバズりやすい
・コミュニケーションを中心に考えると、投稿者・ユーザー・運営の三方良しになるので長期的に稼げる

2 件のコメント

  • 大山様

    いつも大変参考にさせて頂いております。
    ありがとうございます。

    今月からTOPBUZZで私も投稿しており、
    最近はそれなりに稼げてきたのですが。。

    一点、ご質問というか
    参考までにお聞きしたいのですが、
    昨日の収益が上がってきておらず
    今だ0円のままなのです。

    こういったことは今までありましたでしょうか?

    確か毎日、収益が上がると前日の金額が
    「通知」にきていたのですが昨日からきていません。。。
    (もちろん動画の再生回数はあります。最近は一日で数万回ずついっております)

    TOPBUZZのフィードバックに問い合わせしましたが
    今だ連絡はありません。。

    こういったことは今までにありましたでしょうか?

    もしよろしければ参考までにお聞きしたく。

    これからもブログ更新楽しみにしております。

    以上、よろしくお願い致します。

    • 柴田さま

      ご質問いただき誠にありがとうございます。
      大山のアカウントでも昨日分の収益が上がってきておりません。
      全ユーザー共通の状態のようです。

      昨日Paypalに12月2日申請分の振込が完了したとの報告が上がってきておりますので、
      収益がらみで何らかのシステム調整を行っている可能性はあります。

      収益の更新タイミングはだいぶ揺らぎがあります。
      半日〜1日程度の遅れはよくありますので、
      あまり気負いしないようにしていただければと思います。

      イレギュラーな事態が発生した場合は
      こちらのブログでご報告いたします。
      応援いただき誠にありがとうございます。

      よろしくお願い申し上げます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です